弊事務所は、グローバルにビジネスを展開している日系企業から、日本での事業展開を進める外資系企業まで、さまざまな企業を財務・会計・税務の側面からサポートしています。

世界的に経営環境が著しく変化している状況において、予期せぬ事態により、急な英語対応が必要となる日系企業様は少なくありません。上場してすぐに英語での決算開示が必要となった法人様、外資系の会社に買収されることになり、英語での月次報告が必要になった法人様、また国際会計基準やアメリカの会計基準に基づいた決算書の作成が必要になった法人様など、そのケースは様々です。また、日本での事業展開を進める外資系企業では、日本語での業務対応に苦労している状況を多く見かけます。法務局や税務署では英語での申請を受け付けてくれません。非常に簡単な申請手続ですら、多くの費用と時間をかけて対応している例もめずらしくありません。

とはいえ、日本語と英語の2か国語で業務対応ができる財務経理のスタッフなど、そう簡単に採用できるものでもありません。また、実際に雇用するということになると、多額のコストがかかることも想定されます。 こういった場合、会計事務所に業務をアウトソーシングして、成果物のクオリティーのみならず、コストパフォーマンスも追求するということは、財務・会計の責任者として当然に求められることでしょう。弊事務所では、ワンタイムでの業務受託もいたしますし、急な対応にもできる限り対応いたします。ぜひ、お気軽にお問いあわせいただければと存じます。

(会計・税務関連業務)