近年、迅速な資金調達を目的として、海外での上場をめざす日本企業が増えています。特に、アメリカではSPACを利用したスキームの利用により、上場までの期間が著しく短縮されています。しかし、上場までには、多くのタスクがあることは言うまでもないでしょう。

実際に、海外上場市場の選定・上場プロジェクトの管理などは、証券会社や自社のチームで対応できるかもしれません。
しかし、IFRS(国際会計基準)やUS-GAAPで連結財務諸表を作成することはできるでしょうか?また、目論見書のような開示資料の準備を行うことはできるでしょうか?実働部隊のリソースが足りなければ、上場を成功させることはできないでしょう。

さらに、証券取引所からの質問対応も重要です。審査担当者の意図をくんだうえで、適切な回答をする必要があります。そのため、審査対応は、豊富な実務経験と専門的知識が求められます。

加えて、上場成功後は投資家からのリクエストに継続的にこたえつづける必要があります。具体的には、新たな資金調達やIR活動に着手する必要があります。また、公認会計士による監査や現地法で要求される内部統制の構築など、法令上求められることも数多くあります。

弊社は、大手法人出身の公認会計士・米国公認会計士を中心としたメンバーで構成されています。御社の海外上場支援を成功させるための総合的なサービスの提供が可能です。

(提供サービス)

サービス

サービス概要

会計・決算支援

IFRSやUS-GAAPなど国際的な会計基準の適用にも対応。財務諸表の作成から開示資料の作成まで、ハンズオンでサポートします。

規程・マニュアル整備支援

社内実態にあわせて既存の業務管理プロセスを見直し。上場審査などにも耐えうる規程やマニュアルの整備・作成をいたします。

内部統制構築支援

業務プロセスを可視化し、客観的な審査や内部監査にも耐えうる内部統制を構築。US-SOX(内部統制報告制度)に準拠した内部統制構築支援も行います。

申請書類作成支援

上場の際に必要とされる目論見書(Prospectus)を作成いたします。豊富な専門知識と実務経験をもって、完成までサポートします。

上場審査対応支援

上場する際には、主幹事証券による引受審査や証券取引所による上場審査が必要です。海外証券取引所の上場審査を経験しているスタッフを中心に、一貫したサポートを行います。

以下のような会社の方々は、ぜひお問い合わせください

・迅速な資金調達を実現するため、海外市場での上場をめざす企業様

・海外上場を考えているため、IFRS/USGAAPベースの財務諸表を作成する必要のある企業様

・英語での上場実務に対応できるだけのリソースがない企業様

● 目安となる報酬体系(料金表)については、こちら をご参照ください