M&Aを成功に導くためのファースト・ステップは、正確な企業価値の評価を行うことにあります。買い手側にたつ企業にとってはもちろんのこと、売り手側にとっても自社の持つ企業価値がどれほどのものになるのかを事前に把握しておくことが有用であることは言うまでもありません。私どもは、売上規模が100億円未満のクロスボーダーM&A案件を中心に、企業再編、ファイナンスなどのあらゆる経営戦略の重要な局面においてクライアントのニーズに応える価値評価サービスを提供します。

弊事務所によるサービスのメリット

・海外の中小企業を買収するケースにも対応
・外資系企業が日本の中小企業を買収するケースにも対応
・ご要望に応じて、英語でのレポーティング・株価算定報告書の作成も可能
・海外企業が作成する英文財務諸表の翻訳や、財務資料の分析なども対応
・外資系企業が日系企業の買収を検討するケースでは、日本語で作成された財務諸表や業務資料を外国人投資家様や経営者様に説明

クロスボーダーのM&Aは、中小規模の会計事務所では対応できず、大手監査法人に依頼するしかないというような考えもお持ちかもしれませんが、求めているサービスによっては、手続を省力化することも可能ですし、大手監査法人よりもリーズナブルなコストで対応が可能です。

以下のような会社の方々は、ぜひお問い合わせください

・海外に事業展開しようとしているものの、デューデリジェンスの実施にあたって高額な報酬を提示されており、専門家の利用を躊躇している会社様
・海外の企業を調査するにあたって、英文財務諸表や英語資料をレビューする専門家を探している会社様
・海外企業の買収を検討するにあたって、財務・会計の観点から先方の担当者と交渉をすすめながらデューデリジェンスを実施する必要のある会社様
・大手監査法人が作成するようなフルパッケージのサービスや詳細なレポートまでは必要としないものの、簡易的な調査をリーズナブルな価格で行いたいと考えている会社様

● 目安となる報酬体系(料金表)については、こちら をご参照ください