M&Aは、手続が完了して終わりではありません。会社がM&Aの際に描いた成長を実現できるかどうかは、M&A後にどのような施策を実行できるかどうかにかかっています。当初、期待していた事業シナジーの効果を顕在化させていくことはもちろんですが、その効果を十分に発揮するための管理体制の整備・構築も重要な要素であるといえます。ましてや、企業風土や言語・文化が異なる海外企業のM&Aにおいては、その苦労は一筋縄ではいきません。
弊事務所は、英語に通じた財務会計の専門家として、クロスボーダーM&A後における管理部門(特に財務経理部門)の整備・構築に寄与する適切なアドバイス・サポートを行います。

弊事務所によるサービスのメリット

・買収調査を行った後も、クライアント様のご要望に応じて買収後の管理体制構築をサポート
・英語に堪能な財務会計の専門家が、本社へのレポーティング体制の整備から、連結決算まで責任をもってサポート
・勘定科目体系や会計処理の統一、実際の連結作業など、組織再編後の関連規程作成から実作業に至るまで、会社担当者と協力関係を構築しながら業務遂行

内部統制の構築を進める場合、大手監査法人では、高スペックな公認会計士がアサインされることにより多額の業務報酬が提示されることもめずらしくないですが、弊事務所では、日本人スタッフなどとも分業を図ることで、リーズナブルな価格でのサービス提供をめざしています。

以下のような会社の方々は、ぜひお問い合わせください

・海外企業を買収したものの、本社と海外拠点との間でのレポーティング体制を早期に構築する必要があり、短期的に対応してくれる専門家をお探しの会社様
・スタッフを雇用するまでは考えていないものの、四半期に一度の頻度で、連結決算やパッケージの作成をしてもらえる専門家をお探しの会社様
・海外企業を買収し、早急に統合作業を進める必要があるものの、長期的に高い能力を有する専門家を雇用することは資金制約上難しく、規程の整備から内部統制の構築まで遂行することができる専門家を短期的に配置したいと考えている会社様

● 目安となる報酬体系(料金表)については、こちら をご参照ください