上場企業のみならず、非上場の中小企業であっても、海外投資家向けに情報開示を行う重要性や機会は高まっています。特に、英文でのアニュアルレポートを発行される場合などは、会計的な専門用語等を正しく使って財務諸表や注記事項を作成する必要があるため、会計知識と英語力の両方をかねそなえた会計事務所に依頼をすることがベストです。

弊事務所では、日本語で記載された財務諸表・有価証券報告書・決算短信・株主総会招集通知などの英文への翻訳を行っております。また、日本基準で作成された財務諸表を、米国会計基準(US-GAAP)や国際会計基準(IFRS)への組替を行ったうえで、英文財務諸表を作成する業務にも対応しております。
また、海外企業のM&Aや財務諸表を分析する必要性に備え、財務諸表やアニュアルレポートを日本語に翻訳するケースにも対応しております。

(主な対応業務)
・日本基準による財務諸表のIFRS/USGAAP組替、英文財務諸表作成
・下記の財務書類等の英文への翻訳
 ― 会社法計算書類・株主総会招集通知
 ― 決算短信
 ― 有価証券報告書・四半期報告書・有価証券届出書・目論見書など
 ― IR資料・決算説明会資料
 ― 東証開示規則で求められるプレスリリースなど

弊事務所によるサービスのメリット

弊事務所代表は、海外上場企業の財務経理責任者として、英語での財務諸表・アニュアルレポート作成や、開示資料の作成に関与してきました。また、米国公認会計士試験にも合格しており、正しい英語の会計用語を用いて、投資家向けの資料を作成する点に関しては、他の翻訳会社と比較しても、高いクオリティーの成果物のご提供ができるものと自負しております。
また、財務諸表の翻訳は、スピード感を持って対応しなければならないことも数多くあります。翻訳の精度が要求される場合や、それほどの精度が要求されない場合など、ケースバイケースバイケースで対応し、クライアント様の要求にスピーディーに対応することを心がけていきます。

以下のような会社の方々は、ぜひお問い合わせください

・英語での財務諸表の作成・開示を行わなければならないが、どちらの翻訳会社に依頼すればよいのかわからない担当者様
・今まで会計事務所以外の翻訳会社に財務諸表の翻訳を依頼していたが、翻訳のクオリティーに疑問を持っている会社の担当者様
・米国会計基準や国際会計基準に基づいた財務諸表の作成・開示を行わなければならない会社様
・海外企業の買収にあたり、英文で作成された財務諸表やアニュアルレポートを早急に日本語に翻訳する必要に迫られている会社の担当者様