セグリゲーションのすすめ

●2012年9月発行(共著)/ 中央経済社
■IT化が進み、ビジネスの仕組みが著しく変革しているにもかかわらず、会社の資金を横領するといった不正は後を絶たない。それを打開するためのヒントが業務の分掌化を図り、牽制機能を働かせる「セグリゲーション」という概念。本書では、具体的な事例をあげながら、従業員不正を防止するためにはどのような対策が必要になるのか、初心者にもわかりやすく説明するものである。

 

実務に役立つIFRS50のポイント

●2010年6月発行(共著)/ 中央経済社
■日本でも、IFRSに対する関心は日々高まっている。本書は、入門書ではありながら、一定の会計知識を有する企業の経理・財務担当者を読者層として想定し、IFRSの論点をわかりやすく解説している。さらに、それぞれの論点ごとに、経理担当者が情報収集や実際の会計処理等の観点から留意すべき内容を、専門家としての経験と知恵をもって示している。

 

超図解会計 日本版SOX法による内部統制実務入門

●2007年3月発行(共著) / エクスメディア
■財務報告に係る内部統制報告制度(J‐SOX)について、文書化から評価手続までの実務対応事項をわかりやすく解説するとともに、不正・不祥事防ぐ仕組みをどう考え、どう構築するかについて具体的に説明した書籍である。J-SOXスタートから10年以上経過した中でも、初心者がまず最初に手に取るべき書籍として、高い評価を受けている。