弊所は、主に日本に拠点を置く外資系企業の監査業務を行っています。また、外国企業が株主となっている合弁会社などの監査業務も行っております。具体的には、海外上場企業の子会社などが対象になっています。このような会社の場合、IFRSや米国会計基準に準拠した監査を行うこともあります。

こういった会社の中には、海外で名の知られている有名企業のグループ会社であっても、日本での事業規模はそれほど大きなものではないため、必ずしも大手監査法人による高度な監査手続が必要にならないことも多くあります。そのため、英語でのコミュニケーションが可能であれば、中小の会計事務所により、効率的に監査業務を行うことが可能です。

大企業や上場企業の場合、監査法人による組織的な監査が必要になります。しかし、非上場企業や中小法人では、外資系企業であっても、大手法人に監査を依頼する必要はありません。むしろ、弊所のような会計事務所や個人の会計士に依頼することで、効率的かつ迅速な対応が可能になりますし、監査費用もおさえることができます。こういった会社は、中小事務所に監査を依頼するという選択肢も考えるべきです。

(監査業務サービス内容)