根本国際財務会計事務所は、「英語力と国際会計力をベースに、中小企業から大規模な企業まで、あらゆる規模の会社の会計・税務・財務・経営の悩みを解決する」ことを理念として、設立した会計事務所です。代表の根本は、公認会計士・税理士として15年、監査・コンサルティング・税務申告などさまざまな業務に携わっておりましたが、その後、より国際的な経験を積むべくシンガポールに渡航。海外上場企業でのCFOや、東証一部上場企業で財務経理部長として、資金調達やIR活動など幅広く業務を行ってまいりました。そして、2019年7月、満を持して会計事務所を再び日本でスタートさせました。

海外での業務経験を経て、日本に帰国し、財務経理部長として働くことになった際、非常に多くの日本企業が、英語でのコミュニケーションを必要とする財務・会計・税務に関連するサービスに、ある意味法外ともいえる費用を払っていることに、私は驚きました。また、日本に進出している外資系企業も、日本語対応に非常に苦労しており、役所への簡単な申請手続でさえ、多額の費用を負担していることにも気がつきました。日本では、英語を話すことができるプロフェッショナル人材が明らかに不足しているのだということを実感した次第です。

グローバル化が進んでいるという話は聞くものの、こういった分野に通じた会計プロフェッショナルが欠如していることで、日本の企業は海外への事業展開や、海外からの投資家の募集などに二の足を踏んでいるのではないか?また、日本語の特殊性や、税法の複雑性ゆえに、海外の企業も日本でのビジネス展開に苦労を重ねているのではないか?そういった考えが、国際的なサポートをする会計事務所を再開業するきっかけになりました。

私たちは、御社のご意向にあった適正な価格のサービスをご提案いたします。そして、高度な知識と業務経験を有するプロフェッショナルとして、責任をもって業務に対応することをお約束いたします。
ご相談・ご用命のほど、よろしくお願い申し上げます。

公認会計士・税理士