会社法監査 金商法監査(非上場) 学校法人監査 株価算定 企業価値評価 IFRS対応 などを専門に行う公認会計士事務所です。

セグリゲーションのすすめ

NEWS


 書籍「セグリゲーションのすすめ」を出版いたしました

弊所代表の根本俊一が、中央経済社より出版いたしました「セグリゲーションのすすめ」が本日発売されました。

セグリゲーションのすすめ

根本 俊一(共著)
出版社:中央経済社
発売日:2012/09
単行本:228ページ
ISBN:978-4502458309
amazon.co.jpでの購入はこちら



内部統制報告制度(J-SOX)が導入されてから、来年で5年近くの年月が経ちますが、専門家の立場からも制度が十分に機能しているとは、思えない状況が続いています。そのような中で、以前と変わらない頻度で発生していると思われるものが、従業員による不正です。多くの組織において、システムの整備などが進み、業務の効率化が進んでいますが、上場企業においても、従業員不正が変わることなく起こり続けている状況です。

こういった従業員不正を未然に回避するための方策が、拙著で提案する「セグリゲーション」になります。本書では、企業会計や経理業務に通じていない方にも「セグリゲーション」の概念を理解していただけるよう公認会計士の両名が、企業担当者との会話を通して話を展開しており、実際の現場で起こりうる従業員不正を、セグリゲーションによって解決できることを、わかりやすく解説しています。

今後、組織内の業務見直しを検討されている法人の皆さまには、ぜひ一度ご一読していただきたいと思っております。なお、本書は、若手会計士の方や税理士の方にも読んでいただきたいと思っております。監査論などの机上の学問を一通り学ぶだけでは、従業員不正が発生する仕組みを理解することはできません。

セグリゲーションの枠組みを導入するだけで、大部分の従業員不正が防止できることを知る意味で、専門家の方々にとっても、非常に有用な一冊になるのではないかと思います。


powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional